弘前大学は20日、2018年度一般入試(2次試験)後期日程の合格発表を行った。同日の弘大文京町キャンパスでは、合格者の受験番号が掲示されると、受験生らが自分の番号を確認し、難関をくぐり抜けてつかみ取った“春”を喜んだ。
 弘大の後期日程は、募集人員178人に対し42人多い220人が合格このうち県内出身者は75人で合格者に占める割合は34・1%前期・後期の合格者1101人のうち、県内出身者は412人で全体の37・4%だった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。