桜祭り期間、街の中にアート作品を飾って、市民や観光客に楽しんでもらおうという埼玉県幸手市のイベント「幸手アートさんぽ」に、黒石市出身の建築家中村勝彦さん(75)が参加、ライブペインティングに挑戦する。
 今年は市内の由緒ある寺院の客殿前で、真っさらな紙にライブで作品を描くパフォーマンスを披露する。作品のテーマは「幸手 宿中宿外図~一筋の道」。弘前藩の藩主一行が江戸への参勤で通った幸手宿の姿を描く予定だ。中村さんは、幸手の子どもたちに手で描くことのことの面白さ、デザインする楽しさを伝えたいと意欲を見せている「幸手アートさんぽ」は3月25日から4月8日まで。中村さんのライブは、25日10時に市内の満福寺で行われる。詳しくはイベントホームページまたは幸手市観光協会(電話0480―43―1111)へ。
【写真説明】イベントの成功を願って中村さん自ら制作したチラシ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。