第14回弘前市民将棋大会(陸奥新報社主催、日本将棋連盟城下町弘前支部主管、弘前市、弘前市議会など後援)が18日、県内外から91人が参加して陸奥新報社で開かれた。Aクラス(無差別)は蛯澤俊太四段(造道中1年)=青森市=が、Bクラス(三段以下)は川村豪初段(21)=つがる市=がそれぞれ初の栄冠を手にした。Cクラス(1級以下)は上村豊太さん(弘前五中1年)=弘前市=が制して初段位を獲得。Dクラス(小学生または中・高校生の初心者)は七木田幸弥君(佃小4年)=青森市=、新設のマスタークラス(65歳以上の駒落ち戦)は佐藤晃四段(72)=弘前市=が優勝した。
【写真説明】幅広い年代の参加者が対局した第14回弘前市民将棋大会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。