弘前市鬼沢の鬼神社で16日、農作物の豊凶占いと厄よけの神事「七日堂祭(二十九日堂祭)」が行われた。今年は「夏の大雨と秋の季節風に注意が必要だが、田畑全般にわたって豊作」とのご託宣が出た。
 祭りは市の無形民俗文化財に指定されているほか、同市の岩木山神社と平川市の猿賀神社のものと合わせ、「津軽の七日堂祭」として国の選択無形民俗文化財となっている。
【写真説明】ヤナギの大枝を突き立てて今年の豊凶を占った神事「御柳」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。