今年度末に閉校する弘前市の百沢小学校(石戸谷雅子校長)で16日、卒業式が行われた。最後の卒業生となった6年生の女子児童4人は母校での思い出を胸に刻み、在校生6人の登山囃子(ばやし)演奏に送られながら、堂々とした姿で学びやを巣立っていった。
 4月から同校の3年生2人と5年生4人は同市の岩木小学校に進級する。
 県教育委員会などによると、16日は県内の公立小学校288校のうち86校で卒業式が行われた。弘前市では35校のうち20校で行われた。
【写真説明】6年生4人が巣立った百沢小学校最後の卒業式

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。