「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録を目指し関係自治体で組織する縄文遺跡群世界遺産登録推進会議(座長・岡田康博県世界文化遺産登録推進室長)は15日、青森市内で今年度2回目の会合を開いた。国内推薦獲得に向け文化庁に提出する推薦書素案について検討し、方向性を確認した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。