県教委は15日、2018年度の教職員の人事異動について中間発表した。小中学校と県立学校、教育委員会事務局関係を合わせた異動対象者の総数(退職、昇任・採用、転任の合計)は約3210人で、前年度比160人程度減となる見込み。発表は23日の予定。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。