日本中を沸かせたオリンピアンが青森市にその雄姿を現した。14日に同市のみちぎんドリームスタジアムで開幕する「第11回全農ミックスダブルスカーリング選手権大会」。大会前日の13日は強化推薦枠3チームの記者会見が行われ、平昌五輪で銅メダルを獲得した女子のLS北見と、男子の同五輪代表・SC軽井沢のメンバーが出席した。ともに五輪後初めての実戦となる同大会。日本勢初となる五輪メダル獲得の興奮冷めやらぬ中、日本中に感動を与えたオリンピアンが再びリンクで躍動する。
 大会には男女ペアの21チームが参加。予選リーグ戦を行って、上位4チームが決勝トーナメントに進出する。決勝は18日に行われ、優勝チームは4月にスウェーデンで行われる世界選手権に出場する。
 記者会見には、LS北見の藤澤五月、吉田知那美、吉田夕梨花の3選手と、ペアを組むSC軽井沢の山口剛史(青森大出)、清水徹郎、両角友佑の3選手が出席。
 大会は14~18日の日程で開催。観戦チケットは初日から決勝までの全日程が6日までに完売した。
【写真説明】会見後の写真撮影で、イチゴを頬張る(左から)藤澤、山口、吉田知、清水、吉田夕、両角の6選手

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。