14日から青森市のみちぎんドリームスタジアムで行われる「第11回全農日本ミックスダブルスカーリング選手権大会」に東北代表として出場する青森市の船木有沙選手(30)=青森銀行松原通り支店勤務=と工藤和也選手(39)=鹿内組勤務=のペアが13日、青森市役所に小野寺晃彦市長を訪ね、意気込みなどを語った。
 2人は2015年にペアを結成。東北大会で優勝し、全国大会への出場を決めた。全国大会出場は初めて。
大会では予選ブロック1位の3チームとDSC(ドローショットチャレンジ)1位の全4チームが決勝トーナメントに進む。
【写真説明】抱負などを語る船木選手(左)と工藤選手

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。