絵馬の普及や奉納の風習、意味を広く知ってもらうための「第5回我(わ)の絵馬コンテスト」(津軽絵馬研究会主催)の表彰式が11日、弘前市宮地の農産物直売所「野市里(のいちご)」で開かれた。今年は自由課題部門で同市の熊谷洸哉さん(弘前三中2年)が、干支(えと)部門では黒石市の村上雄太さん(29)がそれぞれグランプリに輝いた。
 コンテストには、2部門合わせて6~76歳の20人・1団体が過去最多となる計30点を応募した。同会の小島義憲会長は「努力の跡が目に見え、熱意が伝わってくる力作が多かった」と話した。
 作品は31日まで野市里内のギャラリーあねっこで展示され、その後は高照神社に奉納される。
【写真説明】グランプリを獲得した熊谷さん(左)と村上さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。