11日で東日本大震災から7年―。弘前大学人文社会科学部地域未来創生センター(センター長・李永俊教授)は10日、弘前市の市民文化交流館ホールで「東日本大震災からの復興を考える 小規模被災地域における人口動態と復興政策」と題したフォーラムを開いた。弘大などが支援している被災地である岩手県野田村の現状に理解を深め、これからの復興の在り方を考えた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。