東北町の上北中学校1年の男子生徒=当時(12)=が2016年8月にいじめ被害を訴え自殺した問題で、調査を行っている町いじめ問題再調査委員会(委員長・久保富男青森中央短期大学教授)は9日、調査報告書を完成させ、蛯名鉱治町長に提出した。再調査委はいじめが自殺の大きな原因とした上で「いじめを見逃し、適切な対応をしてこなかった学校の体制が生徒をいじめに追いやったのではないか」と指摘した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。