本州と北海道を結ぶ青函トンネル(全長53・85キロ)は13日、開業から30周年を迎える。これを受け、JR北海道は10日、JR四国との共同企画「青函トンネル&瀬戸大橋線開業30周年キャンペーン」のオープニングセレモニーを新函館北斗駅(北海道北斗市)で行う。この日は、同駅から新青森駅までの北海道新幹線停車駅と函館駅で記念イベントも行われる。
 10日のオープニングセレモニーは午後0時44分発「はやぶさ22号」の出発に合わせて実施。JR北海道とJR四国の各代表者のあいさつのほか、キャンペーンと併せて企画され、同22号を利用するキックオフツアー「青函トンネル&瀬戸大橋線開業30周年記念 日本列島大縦断フルムーンの旅5日間」の出発式も行う。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。