2017年産米で製成された、県内蔵元の新酒の品質を総合的に評価する県酒造組合(北村裕志会長)の新酒鑑評会が7日、青森市のアップルパレス青森で開かれた。審査の結果、吟醸酒の部では6蔵元、純米酒の部は4蔵元がそれぞれ金賞を受賞した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。