深浦町の小学生が、6、7日の町議会定例会の予算特別委員会を傍聴した。7日は修道小学校(木村文江校長)の6年生18人が社会科学習の一環で議場を訪れ、身近な問題に関する質疑を聴きながら町政への理解を深めた。
【写真説明】予算委では身近な話題も取り上げられ、児童たちは真剣に傍聴した

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。