弘前市民会館自主事業「スプリングダンスパーティin弘前市民会館」が3日、同館で開かれた。“モダニズム建築の旗手”として名高い前川國男の設計による同館がダンスフロアとして開放され、ダンス愛好家が楽しいひとときを過ごした。
 前川國男建築設計事務所が手掛けた建物でダンスを楽しんでもらおうと、同館を指定管理するアップルウェーブ・東北データーサービスグループが主催。弘前大学競技ダンス部が協力した。
【写真説明】愛好家らが前川建築でダンスを楽しんだパーティー

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。