黒石市は2019年度採用の市職員の1次試験の内容を、従来の公務員試験から適性検査・SPI試験に変更した。県内では初めての試み。これまで7月から始まっていた試験日程も5月からに早める。SPI試験は全都道府県で受験が可能な他、特別な公務員試験対策の勉強が不要のため、民間企業志望者も受験しやすいメリットがある。受験者が減少傾向にある同市では多くの受験者の志願を期待している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。