弘前市の柴田女子高校(森下好宣校長)の3年生が各種検定に合格し、喜びを分かち合っている。家政科・三冠王コースの18人は、2017年度の全国高校家庭科技術検定の被服製作和服、同洋服、食物調理の3種目で1級を取得する「三冠王」に、情報科・ITビジネスコースなどの6人は日本情報処理検定協会が主催する検定8種目中五つに合格する「会長賞」に輝いた。
【写真説明】「三冠王」を取得した家政科・三冠王コースの生徒たち=写真上、「会長賞」を獲得した情報科・ITビジネスコースなどの生徒たち=写真下

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。