弘前市沢田地区で450年以上続く奇祭「沢田ろうそくまつり」が2日、地区内の沢田神明宮で開かれた。参拝者が小高いほこらの中にある岩肌にろうそくを立て、幻想的な光の中で五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全を祈った。
 祭りは同地区に流れ着いた平家の落人の霊を弔うために始まったとされ、毎年旧暦の小正月に開催。一晩中ろうそくをともし、翌朝のろうの垂れ具合で豊凶を占う。今年は人や地域同士が助け合う社会にしたいとの願いを込め「繋(つながり)」をテーマにした。
【写真説明】願いを込めてろうそくを立てる参拝者ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。