強い冬型の気圧配置となった影響で、2日の県内は津軽地方を中心に大荒れの天気となった。暴風雪の影響で交通機関に大きな乱れが生じたほか、ライフラインにも影響が及んだ。
 県などによると、つがる市、鶴田町では住宅などが一部損壊。五所川原市やつがる市、青森市浪岡の一部などで延べ8059戸が停電となったが、2日中に全面復旧した。県立高校などでは計8校が休校となったほか、20校で短縮授業の措置を取った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。