1日の県内は、前線を伴った低気圧が急速に発達し、別の低気圧も太平洋側の沿岸を北上している影響で強風が吹くなど荒れた天気となり、交通機関の乱れや停電が発生した。2日は二つの低気圧が一つにまとまることで冬型の気圧配置が強まる見込みで、青森地方気象台は暴風雪や高波に警戒するよう呼び掛けている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。