弘前市のイオンタウン弘前樋の口からテレビCM制作依頼を受けた弘前大学の動画制作サークル「KAGA」は1日、弘大構内にある弘大カフェで撮影を行った。イオンタウン弘前樋の口が学生にCM制作を依頼するのは、初の試み。同サークルが制作の主体となり、出演者も弘大生が務めた15秒CMは、早ければ3月下旬から県内の民放で放映される予定。
【写真説明】監督の佐藤行俊さん(左)らの指示の下、出演者の清野楽さん(右)が撮影に臨んだイオンタウン弘前樋の口のテレビCM

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。