弘前市議会は27日、定例会一般質問を行い、小田桐慶二(自民・公明・憲政)、栗形昭一(無所属クラブ)、尾﨑寿一(自民・公明・憲政)、鳴海毅(同)、蒔苗博英(同)の5氏が質問した。葛西憲之市長ら理事者側は(1)市のがん検診に県内で初めて胃内視鏡検査の導入を予定しており、早期治療につなげられる(2)社会福祉政策の充実などから2016年度一般会計決算で経常収支比率が前年度比2・1ポイント増の95・5%―などと答弁した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。