弘前観桜会100周年事業実行委員会(清藤哲夫会長)は25日、弘前市のホテルニューキャッスルで記念講演会を行い、大正期の観桜会の様子を収めたものとしては最古と考えられる大正期の弘前観桜会の映像を上映。弘前公園内で行われた当時の仮装行列や踊り舞台の様子が記録されており、出席者が白黒の貴重な映像に見入った。続く講演では、弘前公園と全国の他の桜との違いや弘前に受け継がれる“桜の系譜”などについて講師が紹介した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。