米軍三沢基地所属のF16戦闘機から燃料タンクが小川原湖(東北町)に投棄された問題で、小野寺五典防衛相が24日、三村申吾知事と蛯名鉱治東北町長らと会談し、休漁を余儀なくされている漁業の補償について「誠意を持って対応したい」と語った。一方、海上自衛隊大湊地方総監部(むつ市)は同日の調査で、燃料タンクの残骸などを25個回収した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。