昨年10月に衆院選本県3区で初当選した木村次郎衆院議員が24日、弘前市内で取材に応じ、通常国会が始まっておよそ1カ月が過ぎた心境を「地方があっての国づくりを意識して取り組みたい」と述べた。また任期満了に伴う弘前市長選については、中立の立場で臨む考えを示した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。