平昌五輪の聖火リレーで使用されたトーチを持って写真撮影ができるイベントが24日、弘前市のカブセンター弘前店で開かれた。みちのくコカ・コーラボトリング(本社岩手県矢巾町、谷村広和社長)が企画したイベントで、買い物客らは熱戦が繰り広げられている五輪の雰囲気を味わった。
 イベントは25日に青森市のカブセンター大野店でも開かれる。
【写真説明】聖火リレーで使用された本物のトーチを手に記念撮影する家族連れ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。