黒石市は23日、2018年度当初予算案を発表した。一般会計は総額159億9300万円で、前年度当初比2億800万円(1・3%)増。前年度当初を2年連続で上回った。税収の減額や小学校舎新築などが予定されることから市財政を取り巻く状況は歳入歳出ともいまだ厳しく、前年度当初比3億3546万円増額の市債(14億7136万円)発行。財政調整基金も3年ぶりに取り崩しての予算編成となった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。