県教委は23日、2018年度の県立高校入学者選抜出願状況を発表した。全日制の募集人員8578人に対して9007人が出願し、倍率は前年比0・04ポイント減の1・05倍だった。弘前実業農業経営科やスポーツ科学科などが高倍率だった一方で、31校38学科で募集人員に達しなかった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。