米軍三沢基地(三沢市)のF16戦闘機がエンジンから出火し、燃料タンクを小川原湖(東北町)に投棄した問題で、県から災害派遣要請を受けた海上自衛隊大湊地方総監部(むつ市)は22日、現場水域での本格的な実地調査に乗り出した。同日の調査では複数箇所で油臭や微量の油膜を確認。23日は早朝から、推定落下地点で燃料タンクの捜索などを行う。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。