弘前市立病院運営審議会(会長・今村憲市弘前市医師会長)が22日、同病院で開かれ、医師数減の影響などから18年度当初予算案に7億7456万9000円の不良債務を計上したことなどが報告され、病院側は経営効率化や研修医を含めた医師確保対策に取り組みたい考えを示した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。