資源量減少が危ぶまれるニホンウナギについて研究する、県産業技術センター内水面研究所調査研究部の研究員・松谷紀明さんが日本水産学会東北支部大会で同学会東北支部長賞を受賞した。松谷さんは、生息域の北限域となる小川原湖周辺でニホンウナギの生物学的特性について調査、研究。稚魚の来遊や放流魚の良好な成長を確認するなど、ウナギの資源回復の一助となる研究成果が評価された。
【写真説明】渋谷義仁理事長(左)に受賞を報告した松谷さん(中央)と工藤敏博所長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。