西目屋村は20日、ドローン(小型無人航空機)操縦者の養成校「JUAVACドローンエキスパートアカデミー青森校」(弘前市)と災害時の運用に関する協定を締結した。災害時に村の要請で同校がドローンを飛ばし、被害状況を確認するなどの情報収集力を向上させることが目的。村はこのほか、将来的に鳥獣被害対策としての活用にも期待を寄せる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。