鶴田町の富士見小学校(下平正明校長)で14日、歴代の児童が伝統的に受け継いでいる「西中野獅子舞」の引き継ぎ式が行われ、6年生が最後の舞と囃子(はやし)を披露して、後輩たちに継承を託した。
 西中野獅子舞は約400年前から同町木筒地区周辺に伝わり、同校では後世に残そうと総合的学習に取り入れている。
【写真説明】力強い舞を披露する児童たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。