17日の県内は急速に発達した低気圧が通過したため夜にかけて冬型の気圧配置が強まり、下北地方の一部を除く県内ほぼ全域で暴風雪と波浪警報が発令されるなど大荒れとなった。18日も冬型の気圧配置が続くため、青森地方気象台は強風や吹雪、大雪による交通障害に注意するよう呼び掛けている。
 18日正午までの12時間最大降雪量は弘前市の山沿いで35センチ、平地で30センチが見込まれるため、大雪や着雪、なだれへの注意が必要だ。
【写真説明】発達した低気圧の影響で大荒れとなった弘前市内=17日午後6時20分ごろ、同市駅前3丁目

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。