陸奥新報社主催の「第46回新一年生おめでとう弘前大会」が17日、弘前市民会館で開かれた。小学校入学を控える子どもたちが交通ルールに触れ、曲に合わせて一緒に歌ったり踊ったりしながら、小学校での学びに胸を膨らませた。
 大会は同日午後に2回に分けて開催し、同市と近隣町村の子どもと保護者ら約1300人が参加した。陸奥新報社の三上知見代表取締役社長が「小学校に入ったらいっぱいお友達をつくって、お父さん・お母さんや先生のお話をよく聞き、楽しい学校生活を送ってください」とあいさつ。
【写真説明】たか丸くんらキャラクターと手をつなぎ、横断歩道の正しい渡り方を学んだ子どもたち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。