県は16日、インフルエンザ発生状況(5~11日)を発表し、新たに弘前保健所管内に警報を発令した。これにより、今季初めて県内全域で警報が発令された。1週間で県内65の定点医療機関に報告された患者数は2946人、1医療機関当たりの患者数は45・32人で、過去10年で最多だった前週(1月29日~2月4日)の3537人、54・42人を下回った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。