弘前市が整備・運営の主体を目指す中核病院構想の具体化に向けた市地域包括ケア検討委員会(委員長・佐藤敬弘前大学長)の初会合が15日、市内で開かれた。中長期的視点から地域包括ケアと医療を一体化する必要性が指摘された一方、地元委員からは「一番の問題はぎりぎりの救急医療」「地域包括ケアは付属的な話」など中核病院に絞った議論をする必要性を指摘する声が相次ぎ、中核病院の在り方をめぐってさまざまな意見が出た。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。