青森市は14日、2018年度当初予算案を発表した。一般会計は1227億4600万円で、前年度当初比29億9500万円(2・5%)増となり、2年連続で増加した。新庁舎の整備など大型建設事業が本格化するため、庁舎等耐震対策事業費に約16億564万円、青森駅周辺整備推進事業に約16億2157万円を盛り込んだ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。