東北社会人サッカーリーグ1部のブランデュー弘前FCは14日、今シーズン開幕を前に弘前市の葛西憲之市長を表敬訪問し、リーグ優勝とJFL昇格に向けて意気込みを語った。
 ブランデューは昨シーズン、11勝4敗3分けで同部3位の活躍を見せた。今季は内藤就行新監督を迎え、栃木SCから早乙女達海選手(FW)本庄竜大選手(同)山本廉選手(MF)荒井秀賀選手(同)の4人が育成型期限付き移籍で新加入。4月8日にいわき古河F.C(福島)とのアウェー戦に挑む。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。