県法人会連合会女性部会連絡協議会(木村禮子会長)など主催の「税に関する絵ハガキコンクール」県入賞作品の審査会が9日、ホテル青森で開かれた。審査員は力作ぞろいの作品を前に頭を悩ませつつ、入賞10作品を選んだ。
 コンクールは児童に税を正しく認識してもらうことが狙いで、国税庁や県教育委員会などの後援を得て行っている。主に小学6年生が対象で、今回は59校から昨年を上回る2280点が寄せられた。
 入賞した作品は東北6県女性部会に県連代表として推薦する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。