第32回全国選抜高校相撲弘前大会(東北高校体育連盟相撲専門部、県相撲連盟主催)が10日、弘前市の県武道館で開かれた。大会には本県の4校を含む全国37校が出場し、熱戦を繰り広げた。
 約140人が出場した個人では、山崎勝磨(三本木農)が県勢最高の3位入賞を果たしたほか、猿川天嵐(五所農林)が16強入り。団体は五所農林と三本木農が決勝トーナメントに進んだが、どちらも初戦で敗れた。
 団体では埼玉栄(埼玉)が4大会ぶりの優勝を飾り、個人では齋藤大輔(埼玉栄)が頂点に立った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。