弘南鉄道(本社平川市)は9日、乗客が津軽地方の郷土料理を味わう、「けの汁列車」の今シーズンの運行を始めた。弘前駅発着の初日は県内外から70人が乗車。車窓から津軽平野の景色を眺めながら、けの汁の味を堪能した。今シーズンは23日まで計4便運行される。
 完全予約制で料金は大人3500円(飲み放題、折り詰め、けの汁付き)。今後、16日の平賀駅午後6時28分発、22日の黒石駅午後6時30分発、23日の弘前駅午後6時35分発が運行される。
 問い合わせは弘南鉄道(電話0172―44―3136)へ。
【写真説明】車内でけの汁を盛りつけるスタッフ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。