弘前市元長町にある国重要文化財「旧第五十九銀行本店本館(青森銀行記念館)」が、所有者の青森銀行から市に寄贈される見通しとなった。青森銀行から寄贈と利活用に関する要望書が1日付で提出されており、市は施設の整備や維持管理に向けた予算案と条例改正案を、16日開会の市議会定例会に提出する。隣接する市民中央広場と一体的に活用することで、観光振興などにつなげる考え。
【写真説明】青森銀行から弘前市に寄贈される見通しとなった旧第五十九銀行本店本館

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。