弘前市の弘前東高校(村田秀俊校長)の同窓生や保護者、教職員らが5日、社会人として働く上でのマナーや心構えを訴えるオリジナル寸劇を同校体育館で上演し、鑑賞した3年生の生徒たちが社会に出る前に社会人としての決意を確認した。
 同校の生徒の多くは卒業後に就職しており、社会人としてしっかりとした意識を持ってほしいと同校後援会、PTA、同窓会が中心となって毎年実施。今年で14回目となる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。