第42回弘前城雪燈籠まつり(9~12日)の開幕を控えた7日、会場の弘前公園では、市民らによる雪燈籠や雪像づくりがピークを迎えた。参加者は固めた雪をへらなどで削って表面を整えるなど、仕上げ作業に励んだ。
【写真説明】雪が吹き付ける中、祭り本番に向けて雪燈籠や雪像の制作が急ピッチで進んだ=7日午後2時40分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。