弘前市体育協会主催の「トップアスリート育成・ソフトボールクリニック教室」が4日、弘前克雪トレーニングセンターで開かれた。中学生と高校生約150人が五輪や世界選手権で活躍した選手から一流の技術、試合に臨む心構えなどを学んだ。
【写真説明】守備時の体の使い方で手本を示す須藤選手(右から2人目)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。