県が6日に発表した青森空港の利用状況によると、2017年の利用者数は117万881人となり、9年ぶりに110万人を上回った。奥凱(オーケー)航空による国際定期便・天津線の就航やエバー航空による台湾の定期チャーター便の運航など国際線の利用者増加が大きいが、国内線も全路線で前年を上回った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。