三村申吾知事は6日の定例会見で、津軽地域の中核病院構想に絡み、弘前市が自ら運営主体となる方針を示して、病院機能などを検討する検討委員会の設置を決めたことを受け「(付属機関は)市の考えを整理するための組織と認識している。議論が本来の中核病院の整備目的を踏まえた実現性のあるものとなるよう注視していく」と述べ、市が今後提示する具体的な提案を見極める考えを示した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。