県総務学事課は6日、2018年度の県内私立高校入学者選抜の志願状況を発表した。募集人員は前年度より145人少ない3955人に対し、志願者数は前年度比509人減の9727人。平均倍率は前年度を0・04ポイント下回り、過去10年で最も低い2・46倍だった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。